スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IeSF2013 Beretta92FS

iesf-logo.jpg


(かっこいい)


「Beretta92FS IeSF」 BRoi* (Astrick)
http://pub.pmang.com/bbs/ava/V0QOXM6sqo6N


2013iesfberetta_1.jpg

2013iesfberetta_2.jpg

2013iesfberetta_3.jpg

2013iesfberetta_4.jpg

2013iesfberetta_5.jpg

2013iesfberetta_6.jpg





2013IeSF国際大会参加者へ贈られたBeretta 92FS

塗装がシルバー


スウェーデン代表のkimpah氏もお喜びである




オレンジ


A.V.A ランキング
関連記事

スポンサーリンク

コメント

No title

おー……こう言う落ち着いた、でもかっこいいって言えるような色合いの銃ってなかなか無いですからねー

No title

現在のタップ規制はどのくらいのきつさなのでしょうか?

Re: No title

どのくらいと言われても・・・・タップ規制はタップ規制としか言いようがないです
日本はきつくも緩くもなってません。実装以降ずっと同じです

No title

>実装以降ずっと同じです
いつかのリリースノートにタップ規制の調整をいれたという旨の記述があったので同じではないかと

Re: No title

もちろん日本の話ですよね?
日本公式のそのページを貼ってもらいたいですね

No title

Re: No title

えっ

「- 一定速度以上のタップによってレティクルの広がりに影響を与えていた現象を本来の設定となるように調整」というのですか?

この文章、内容そのものがタップ規制であって、タップ規制 "に" 調整を入れたという意味ではないですよ
これが「タップ規制に調整」という意味合いなら、日本で9月11日より前にタップ規制が入っていたということになるので・・・


丁寧に書きます

「日本はこのタップ規制の実装以降、(そのタップ規制が)きつくも緩くもなっていない」ということです

加えて、「現在のタップ規制はどのくらいのきつさなのか」と聞かれたので、「(日本はタップ規制の実装以降)きつくも緩くもなっていないので、段階を表現する答えはできない」ということです

No title

ああ、記憶が曖昧でした。
調整が入ったというのはリリースノートからの発表は無いまま、11/23日のメンテナンスからタップ規制が緩くなったという情報の事でした。

http://nukkato.com/sa58para-revival/

Re: No title

あまり信用するに値しない情報なのでカットです

マクロ機能を使用して検証して頂いていたなら多少話は変わりますが、所詮手動だと思いますし、、
検証というのはグリッドスペックというのがかなり影響しますので、メンテナンスの度に「修正されたー」だのは話半分として頭に入れてます
(もちろん私が書くことも信じて貰っても貰わなくてもOKです)
開発が「数値で正確なのは装弾数だけ」、「ほとんどが確率分布の値」と名言しましたので、個人ブログの「変わった」を出されても「へぇ」です

KAVA 2013/04/26の3rd(緩和)パッチは適用された状態で9月11日、日本に適用されてますので変化することはないです
仮にKAVAの緩和パッチ前が日本に適用されていたのなら、KAVAをプレイしていた人なら一発でわかります
それぐらいParaは使い物にならなかったです。あのままなら1人も使ってなかったと思います

No title

ブログに公式が前日に配信で調整いれると告知したという主旨の記述が書いてありますが、証拠もないので確かに信憑性は薄いですね。(録画探せばあるかも?)

信憑性の問題になってきたのでこの話しはここで終わりにしましょう。

No title

マクロで試してパラFGfamasは変わってました(小声)

Re: No title

前日ということでおそらくこの動画だと思います
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22239203

ただのサーバーメンテナンスの前日にこのような話が拡散し、印象操作されただけなんじゃないですかね・・・


この感覚が変わるというのはタップ規制云々の話ではなく、「レティクルの開きによる集弾が期待値と異なる」というものです
内容は長くなるので端折りますが、練習チャンネルとゲームルームとで集弾が若干変わっていました(ゲームルームのほうが良い)
主にデスモ、M14 DMR、CZ805 BREN A1で顕著に現れてました
KAVAでは2度に渡って修正済みです




>マクロ~
じゃあそのマクロを使った「変化前後」の説明比較を・・・(小声)

となり、結局は"変化のわかる比較"がない限り、変化後のをいくら示しても「変わってない」派と「変わった」派に分かれます
繰り返しになりますが、変わってないと思い込んでる人に根拠のない変わったを推されても「へぇ」となりますよね(逆も然り)


比較資料のない変化ってその程度に思うべきなんですよ・・・
じゃないと不毛な話になります

頭の片隅には置いておきます



終わります

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:sns

検索フォーム

デバイス

カテゴリ

ページランキング

スポンサーリンク

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。