スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死なない部位(SR)

■武器
TPG-1
FR-F2


■MAP
COLD CASE


■測定距離
30m


■対象
EA08装備、ディフェンスマスター取得ライフルマンの胸部




TPG-1(高倍率スコープ、.338Lapuaバレル)  50発中49発死亡

FR-F2(SSS、ロングレンジバレル、弾倉タイプ交換)  50発中49発死亡


60mでもやりましたが、同じ結果でした(49/50、49/50)
しっかり胴体撃てば9割8分倒せます
こういうのは2000発ぐらいやったほうがいいんだろうか。統計学的な意味で




当てても死なないと言う人は以下の部位に当たってると思います
肩、腕、肘、手、腿、膝、靴



その当てても死なない部位を撃ちました(30m)


・胴体以外の上半身部位(肩、腕、肘、手)は約30%で生き残る
・       〃     は生き残ったとしてもあとHG1発のド瀕死
・下半身部位(腿、膝、靴)は100%生き残る上、HP3~4割近く残る



つまり「当てても死ななかった!」というのは

・上半身の胴体以外に当たり、尚且つ生き残る確率約30%(30m)の抽選に大当たり
・下半身部位に当たっている
・弾の射線上に何か遮る物があり、貫通扱いになった
・遠距離による距離減衰

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:sns

検索フォーム

デバイス

カテゴリ

ページランキング

スポンサーリンク

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。